アクア・トトぎふ、“世界のナマズ大紀行”に行ってみた

世界淡水魚園水族館『アクア・トトぎふ』

一番好きな水族館と言っても過言ではない。

おまけに7/15~12/10にかけて、

「世界のナマズ大紀行」という企画をやっているらしい。

これは行くしかないでしょう!

前職の先輩がこちらに遊びに来ているので一緒に向かう。

到着してまず驚いたのは車の数。

本来の駐車場はいっぱいで、臨時の駐車場が用意されていた。

そこがまた遠い!

炎天下の中、本館に向かうだけで汗びっしょりである。

暑くて駄々をこねるちびっ子がいたが、

その気持ちがとてもよくわかる。

灼熱地獄を越えてチケットを買い、いざ入館!

最初に出迎えてくれたのは、、、

ダレたコツメカワウソだった。

上から見ても横から見ても見事にダレている。

それでも可愛いと騒がれるのだからやはり、

“可愛いは正義”

ということだね。

そして、次は淡水魚。

とても綺麗な日淡の数々。

アユやらカワムツやらタカハヤやらいろいろ入った水槽。

アブラボテやヤリ、シロヒレやイチモンジなど、

タナゴ類も種類が豊富。

タナゴ好きにはたまらない場所だ。

素晴らしい魚の面々を堪能した後は、両生類へ。

カスミサンショウウオ。

プリップリですごく状態が良い。

我が家のもこのぐらいを目指そう。

クロサンショウウオにいたっては、

可愛いを通り越してなんか逞しい。

あまりにもガタイがいいから、

プリプリと言いうよりもムキムキしている感じ。

ナガレヒキガエル。

さぁ、何匹いるでしょう!?

カジカガエルのポジションが秀逸。

この位置に来るよう石の配置や水の流れを作っているのだろうか。

雨宿りしているかのようなシュレーゲルアオガエル。

まるで置物のようなヤドクガエル。

そしてラスボスの雰囲気を醸し出しているオオサンショウウオ。

いや~立派ですね。

自然下では見たことのない大きさに圧巻。

カヤネズミを眺めて少しブレイクタイムを挟み、

いざ「世界のナマズ大紀行」へ。

メコンオオナマズ!

紹介DVDのようなものがテレビで流されていたが、

よく見ると見慣れたチルな人が映っていた。

今年出会うことのできなかったビワコオオナマズ。

来年、また。

この他にもカンディルやらヨーロッパオオナマズやら多種多様なナマズがいて大満足。

もちろんナマズ以外にも魚はたくさん。

ワニまでいるとは、おそるべし。

それにしても何度行っても楽しいね、「アクア・トト」。

皆さんもこの夏に是非。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする