秋のアオリイカ

秋と言えば、秋刀魚、栗、柿、松茸など、

美味しい食べ物が目白押しな季節。

とても良いことだ。

しかし、悪いこともある。

それはなんと言っても台風

おかげさまで計画していた遠征は軒並み頓挫。

ああ、和歌山に行きたい…。

まぁ、そんなことをグチグチ言っても仕方ないので、

気分転換も兼ねてもう一つの旬である、

「アオリイカ」を釣りに行った時のお話し。

場所は山陰地方のとある漁港。

毎年この時期に足を運ぶ場所である。

すっかり日が暮れるのも早くなってきたので、

ちょっと早めの17時半に現地入り。

潮の香りが心地よい。

久々の綺麗な海にまったりする。

辺りを見渡すけれどイカの姿はない。

去年と一昨年はイカの数が極端に少なく絶不調。

「今年も無理かな~」

あまり良い結果は望めそうにないと思った矢先、

足元に落としたエギを狙って、イカの集団が登場する。

そして、そのまま健気にエギを引っ張っていく。

軽く竿を立てると「グン、グン」と懐かしい感触が手元に伝わる。

揚がってきたのは小ぶりだがとても綺麗なアオリイカ。

鬼気迫る緊張感やドキドキはないけれど、とても楽しい釣り。

飽きない程度に釣れ、時間がゆっくり流れる。

気が付けば太陽は見当たらない。

イカは夜行性。これからが本番。

と思ったけれど相変わらず“ぽつぽつ”といった感じ。

まるで天の川のよう。芸術的だ。

結局、数は10匹にも満たなかったが、

とても満足だった。

やっぱり釣りっていいよね。

Dual Layer Puzzle 透明標本パズル アオリイカ
クリエーター情報なし
メガハウス

スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク