大山登山しながらサンショウウオ観察がしたい

サンショウウオについて調べていると、『大山』という二文字がちょこちょこ目に入る。

鳥取県にある中国地方の最高峰。

この山にはいろいろとお世話になっている。

夏の登山。冬のスノーボードも然り。

特に夏の登山ではとても素晴らしい景色を拝ませてもらった。

確か一昨年の8月。

興味の矛先が登山に向いていた年。


夏の大山の顔

開始早々、中途半端な段差が膝を攻めてくる。

視界が開けたので山の方を見ると、すっきりとした景色とは言い難い。

基本的に視界が悪いのでこんな景色が続き、

「頂上に着いても何も見えないんじゃないかな…(-_-;)」

と、不安が募る。

それでも頂上に近づくにつれて

時折晴れて見える景色が素晴らしい。

この斜面、ソリで滑ったら超楽しそうだった。

たぶん人生で一回しかできないだろうけれど

そして、頂上はと言うと…。

白い!

“驚きの白さ”とは正にこのことだろう。

ただ、苦労して登ったらご褒美をくれるのが大山の良いところ。

視界良好とは言えないけれど、“絶景”には変わりない。

登って来て良かったと思う瞬間。

帰り際にちょっとスキー場に寄ってみる。

「早く冬にならんかな~」

と、夏の醍醐味を感じた直後に早速浮気する自分がいた。

今年は登山でもスノーボードでもなく、サンショウウオ観察でお世話になるかな。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク