夜さんぽ

夜の沢歩き、森歩きにも慣れ、

「いつかイノシシにでもガッツリいかれるんじゃないか」

と思うここ最近。

“慣れ”は危険に対する意識が下がるのでよくない。


魅力あふれる“自然の夜の顔”

それでもやっぱり夜の自然は神秘的かつ魅力的。

普段見れない生き物が拝める良いタイミングなわけで。

ついつい足を運んでしまう。

『ハコネサンショウウオ』

サンショウウオ(幼生)では珍しく河川の本流でもお目にかかれる。

イワナと混生していることも割と多い。

要はそれだけ“遊泳力が高い”わけで。

さながらドジョウのようにニョロニョロ底を這い、

石から石へと移っていく。

おかげで捕まえるのに苦労する。

今年生まれの子が多く、

大きな子はあまりいなかった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

それにしてもフィールドサイン(生き物の痕跡)がやたら多いし新しい。

時季的なものだろう。

アニマルトラッキングもなかなか楽しい。

あまりにも新しいイノシシの足跡や糞を見るとヒヤッとするが。

渓流部にいると水の流れる音でお互いの音が遮られるから、

バッタリ遭遇してしまうこともなくはない。

現に何度かお見合いしたことがある。

あの目を奪われ身動きもできず、やたらドキドキする感覚。

まさに「一目惚れ」した時と同じ。

したことないけど。

その時は運よく襲われはしなかったが、

某友人は山中で追いかけられたらしい。

それでも無傷で生還するから、

彼の強運には昔から感心させられる。

遭遇率から言えばクマよりはるかに危険だと思う。

まぁ、人様(獣様?)の領地に入っておいて、

「襲ってくる、危険だ」というのはお門違いだと思うが。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2~3時間散策したけれど目的の生物は発見できなかった。

それでも渓流とは対照的にまったり流れる時間を過ごせた。

もう少し楽しみたい秋の生き物探し。

雪が降る前に。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク