ヒダサンショウウオを探しに行ったものの…

「あともう少し…」

常に頭にあるが、待ちきれずに足を運んでしまう。

行っても無駄なことはわかっているのだけれど。

自分がサンショウウオを探す場所は記録的な大雪に見舞われ、

一向に春を感じさせない様相。

流石にこれだけ積もっていると、

手の出しようがない。

沢を確認してみても雪が覆いかぶさって、

伏流水と化している。

仕方なく雪に腰を下ろして物思いにふける。ふりをする。

何も考えず水が流れる音だけが聞こえる。

そんな贅沢な時間を楽しむ。

ふと気配を感じて目をやるとキジがいた。

カメラを出そうとするがこちらの気配に気付いたのか、

早々にはるか彼方へ。

これを機に現実に呼び戻される。

すんごく寒い。

座っていたもんだからお尻は湿りがち。

跡には大きな桃が一つ。

春が来るのはもう少し先になりそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク