三度目のサンショウウオ ~ヒダサンショウウオ越冬幼生~

『三度目の正直』ということわざがある。

三度目には期待通りの結果になるということ。

ヒダサンショウウオの成体を確認した渓流で、上流までくまなく探した一度目。

二匹目のドジョウならぬサンショウウオを狙う

上流がダメならと下流を攻めた二度目。

こちらは特筆すべき内容がなかったので、ブログにも載せていない。

そして三度目。

先週の土曜日のこと。

気温がとても高く、春の気配を感じる陽気。

そろそろ生き物が動き出す頃と思い、

新規開拓すべく新しい渓流にやってきた….んだけど。

最近雨は降っていないのに水量がやたら多い

そう。

雪解け水ってやつ。

気温が上がったもんだから、一斉にとけた結果の大増水だった。

入渓するも濁りが入っているため断念し、早々に退散する。

このまま手ぶらで帰るのも癪なので、実績のあるいつもの沢に立ち寄ってみた。

こちらは増水しているけれど濁りはない。

とは言え、散々探して実績一匹なのであまり期待はできない。

この場所のポテンシャルが低いわけではなく、

自分の“サンショウウオレーダー”がまだまだ未熟なのだろう。

案の定、サッパリ見当たらない。

おまけに腹が冷えたせいか、お腹がムズムズしてきた

近くのコンビニに急行するため車に戻る道中、今にも枯れそうな沢が目に入る。

これが“うん”命の出会いだった。

ただ、この時点ではそれどころではない。

沢とは対照的に決壊しそうな“うん”が迫っていたのでね。

無事コンビニにたどり着き一仕事を終え、改めて沢を望む。

幅1mも無い小さな沢だ。

あまり期待はしていなかったけれど、一応探してみる。

すると、岩を退けた瞬間、小さいけれど素早く泳ぐオタマジャクシが一匹。

ヒダサンショウウオの越冬幼生ではないか!

幼生は基本、その年に上陸するが幼生のまま水中で越冬する個体もいる。

それがこの子。

成体と比較してとても地味だ。

これがこうなるとは想像し難い。

ただ、とてもカワイイ。

すこぶる可愛らしい。

しばし愛でた後、違う岩をガサガサすると、なんともう一匹!

嬉しいことこの上ない!

このポイントの全景を見ておきたかったので、登れるところまで遡上してみると、

大半が伏流水(地下など、地表を流れていない水)だった。

なるほど、サンショウウオにとっては格好の産卵場所だ。

人間もそうそう手が出せない楽園。

いつまでもこの環境が残ることを願って沢を後にした。

ちなみに、採集したヒダっ子は以前から飼育してみたかったので、

お持ち帰りすることに。

エサ用の川虫と沢の水を頂戴した。

早速、バクバク餌を食べる姿を見て一安心。

大事に育てます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク