出張先でイノシシに追いかけられた

出張で山中の宿に泊まった時のこと。

美味しいご飯も食べて風呂にも入ったし、

「いっちょ昆虫採集に行きますか!」

意気込んで宿の玄関を出た矢先、

見慣れない昆虫がバタバタもがいていた。

「ヒゲコガネ」

まるで闘牛のような見かけをしている。

とてもカッコいい甲虫である。

幸先がいいやん♪

意気揚々とカブクワを探しに向かう。

少し距離はあるが虫が寄り付きそうな電灯が見えた。

鼻歌交じりに足を進める。

携帯のライトしかなかったので、

節電もかねて灯さずに歩く。

これが失敗だった。

後、10m程で目的の電灯に差し掛かろうとしたその時、

「ううぅぅっっ!!!」

低く鈍い、それでいて敵意むき出しの唸り声が響く。

野生動物と対峙した際、急な行動は厳禁。

っていうよね。

あれは、無理。

近距離で鉢合せてしまうと反射的に体が逃げてしまう。

頭で考えるよりも先に。

以前、アユカケを探していた時にイノシシと対面した時もそう。

今回も例外ではなく全力で走った。

背後に迫ってくる感覚。

はまったくない。

直面した時に向かってくる感覚があったので、

正直、「終わった」と思ったが、

お互い逆方向に全力疾走した模様。

驚いたのは自分だけではなかったらしい。

いつ身を翻してこちらに来るかわからなかったので、

転がり込むように宿の玄関をくぐった。

久しぶりに感動以外で足が震えた。

と同時にすごい必死な自分の逃げ様に笑えてきた。

息を整え落ち着いたところで、

逆方向の良さげな電灯に向かう。

道中で物陰から犬が吠えてくる。

先ほどの一件もあってたいそうビビる自分。

もはや昆虫採集の気分じゃなくなり、意気消沈。

「今日はこのぐらいで勘弁してやるか」

誰に言ったかわからない負け惜しみを吐き、

逃げるように宿に帰った。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. エアジハード より:

    いつも拝見させていただいてます。
    毎回楽しいことばかりですね!
    何かしらの採集で大阪周辺に来られた時は是非ともご同行させていただきたいです

    • KaZ より:

      コメントありがとうございます。いつもニアミスで済んでますがイノシシにはいつかガッツリやられそうで怯えてます。近畿圏でしたら比較的近いので、その時は喜んでご一緒させてください。

      • エアジハード より:

        ありがとうございます!
        一昨年からナミゲン探してるんですが未だにみつけられずです笑

        • KaZ より:

          かくいう自分もまだ見つけられずです。ナミゲンは本当に難しいです。そのぶん見つけられた時の嬉しさは病みつきになりますよね。

  2. kuwagata_hiroki より:

    こんばんわ。
    貴重な体験されましたね。
    今の時代、月明かりもない暗闇や野生動物に対する恐怖を味わった事がある方は少ないと思います。
    昨今は野良ドーベルマンなどの物騒な生き物もいますのでお気をつけ下さい。
    私は熊除けの鈴を無くしてしまい、より強力な音を発する、くじ引きなどで使う鐘を購入しました。
    目当てのクワガタが採れた時など、山中で『大当たりー。』と叫びながら鐘を鳴らしています。他人が見たら狂人ですね。

    • KaZ より:

      こんばんは。
      ある程度危険なことも経験しておかないと、いざという時冷静な判断ができませんからね。まぁ、今回はまったくの予想外の事態でしたが笑
      野良ドーベルマン…想像しただけでも怖すぎます。
      私も深夜の山では獣除けのためによく吠えてます。もし遠くで聞いている人がいたら、さぞかし怖いでしょうね。