カミツキガメを食べて骨格標本にしてみた

以前、関東で採集して美味しくいただいたカミツキガメを頭部骨格標本にしてみた!

ちなみに食べた時の感想は「まぁまぁ美味しい」である。

鶏肉っぽい味で若干だが獣の匂いがした。

唐揚げはもちろんだけれど、塩焼きが意外と美味しかったのには驚いたな~。

ただ、泥抜きできないこと(特定外来生物なので生きた状態での移動は禁止)と

捌く手間を考えると「もういいかな!」といったところ。

カッコイイ、カミツキガメの骨!




さて、本題の骨格標本!

作り方は簡単。

沸騰したお湯に頭部を入れて除肉した後、3倍ぐらいに薄めたハイターに漬ける。

しばらくして取り出し、水さらしして乾燥したら完成。

魚類の場合、こんな手荒い処理をすれば骨がぼろぼろになってしまうけれど

カメは骨がしっかりしているので無事だった。

鋭利な口。

顎周辺の腱もかなり発達していたので噛む力は相当なものだと思う。

これに噛まれたらさぞ痛かろう…。

捕まえてみて、食べてみて、骨にしてみると、その生物のことがとてもよくわかるので、

無理のない範囲で挑戦してみてはどうでしょう?

ただ、危険な生物(カミツキガメもそう)との接触にはご注意を!

スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク