サンショウウオの餌付け(人工飼料)に挑戦してみた

サンショウウオ飼育で個人的に難しいと思う点は二つ。

夏場の温度管理』と『人工飼料の餌付け』である。

前者は言わずもがな。

ただ、サンショウウオとともに夏を過ごすこと自体が未経験なので、

現時点では何も言えないです。はい。

餌付けに関しては「動くものしか食わねぇ」

と所々で聞いたので人工飼料は“鬼門”だろうな~と勝手に思い込んでいた。

テトラ (Tetra) レプトミン 110g
クリエーター情報なし
スペクトラム ブランズ ジャパン



予想外に簡単なサンショウウオ餌付け

最近ではピンセットから餌を取ることにも慣れてきたので、そろそろ頃合いだと思って、

先日、人工飼料(レプトミン)に挑戦してみたところ….

「ぱっくんちょ!!」


(写真左上に人の顔が….笑)

目の前でチラつかせただけで疑うことなく胃袋に収められました

「なんか….簡単だな」

拍子抜けもいいところだ。

こんなことならオヤニラミの餌付けの方がはるかに難しかった。

オヤニラミ釣りと飼育

もちろん個体差があるので一概には言えないのだけれど。

まぁ、楽に越したことはないので大いにありがたい。

これでワラジムシの住処を強襲する日々ともおさらばである

さらばワラジ。ようこそレプトミン。

それでもたまには会いに行くよワラジ。

さて、難関を一つ越したので次は“夏”だな。

ただそれはもう少し先のお話なので、それまでサンショウウオLIFEを楽しむとします。

太陽拳!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク