淡路島にコブダイを釣りに行った…….がしかし

ご無沙汰しておりました。

生き物観察には出ていましたがあまりにも成果がなく拗ねていた次第です。

その代表格が“淡路島のコブダイ釣り”


コブダイを釣りに離島へ

高速を長々と走って淡路島に渡り、さらに渡船で離島へと赴く。

到着早々、撒き餌としてアミエビやらチヌ餌を撒きに撒き、

付け餌にはカキとアサリと冷凍エビを用意し完璧な布陣を敷いた。

「金がない金がない」と言いながらカキを海の藻屑にしていく。

コブダイのエンゲル係数の半端ないこと。

自分の口にはコンビニのパン。

いろいろと矛盾を感じる。

そこまでしたにも関わらず終始“無”であった。

アタリどころか付けた餌は何者にも取られることなく綺麗にあがってくる。

あ~釣りって楽しい(棒)

またとある日。

琵琶湖の稚鮎でも見に行こうかと浜をうろうろ。

爆風により白波が立ち観察どころではなかった。

あ~採集って楽しい(棒)

近くの流入でウキゴリに慰めてもらう。

今年はエンジンかかるまで時間かかりそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク