コガタブチサンショウウオ採集


(Photos taken by kimi)

特に用事もなく、天気がよろしくないこともあって、

久しぶりにのんびりと週末を過ごそうとしていた矢先、

そっち方面行くけど、なんか面白いことない?

と友人から連絡が入る。

この時点でお酒を飲みながらDVDなどを楽しむ、

“優雅な週末”は潰えた笑

さて、どうするかと話し合った挙句、

なんと『コガタブチサンショウウオ』の採集に向かうことに。

内心「マジで?」と思った。

情報はほぼ皆無で、天気が崩れるまで2時間あればよい方。

……………。

負け試合のにおいがプンプンする

まぁ、これもいつものこと。

一緒に行けば新しい発見が必ずあるし、なにより楽しい。

楽しければそれでよい。

そんなこんなで、いざ四国へ。

到着早々、すでに小雨模様。

辺りは真っ暗。

標高も高く少々肌寒い。

まずは手始めにイシヅチサンショウウオの幼生を観察する。

案の定、いつもの溜まりに小さな個体がちらほら。

いつ見ても癒されるの~。

ちんちくりんな手足とまん丸おめめ。

正直、この時点で割と満足である。

むしろここで終われれば幸せに違いない。

本番のコブチ探しは極寒の中、

ひたすら石をひっくり返すことになるわけだから。

う~ん、酔狂。

場所を移し、より標高の高い場所へ。

だれもいない高山に光源が二つ。

それにしても二人は心強い。

一人ではまず立ち入れない。怖くて笑。

黙々と探すも一向に手がかりはない。

源流部に近づいたのか、沢の水量もかなり少ない。

さっきまでいたイシヅチ幼生の姿も見えなくなってしまった。

ちょっと休憩していざ登り始めようとした途端、

「いたーーーーー!!!動くな!!!」

後ろを歩いていた友人が叫ぶ。

というかむしろ怒号に近かった笑

半径1kmぐらいの獣は逃げて行ったに違いない。

冗談はさておき、状況をすぐに理解した自分は完全にフリーズ。

友人にすべてを任せる。

自分の足元にいたその子がそっと手に包まれる。

「よっしゃーーーー!!!」

だれもいない高山に歓声が二つ。

「やべぇ、美しすぎる…」

金色に輝く斑模様に目を奪われる。

夢が叶った時の心地よい脱力感

「これだから生き物観察はやめられない」

改めて思った。

ひとしきり感動を堪能した後、

もう少し辺りを散策してみる。

すると岩盤にへばり付く怪しい影が一つ

「イシヅチ!しかも成体!!」

今度は自分が静かに叫ぶ。

この種はやたら俊敏なので勘づかれたらマズイ。

そ~っと近づき、そのままキャッチ。

「とったーーーーーー!!!」

まさか繁殖期以外に見られるとは思っていなかったので、

凄く嬉しい。

まだ若い、とても綺麗な個体。

どうやら、この場所ではコガタブチとイシヅチが混生しているらしい。

夢のような場所である。

テンション上がりっぱなしだ。

そして、さらに入念に探すと目を疑うような光景。

あまりの綺麗さに声を失う。

というのはもちろん嘘で、はしゃぎっぱなしである。

これを見たかった。

お酒とDVDでは決して得られない満足感。

至福の時だ。

その後も二人で探すと続々とコガタブチが顔を見せてくれる。

模様が薄い子や尻尾にだけある子、

みんな本当に個性豊か。

うん、素晴らしい!

最初の一匹目から1時間半ぐらいか。

もう少し観察しても良かったけれど、

かなり冷え込んでいたので下山することにした。

安全に帰るのがいつでも最優先。

良い思い出は良い思い出で終わらせたい。

帰りは帰りで生き物がたくさん。

ナメクジを嬉々として全力でカメラにおさめる友人。

なかなか玄人である

そして車に到着し無事生還!

友人のおかげで100点満点の週末でした。

一人では決してたどり着くことはできなかったし、

あの一匹が見つけられていなかったら、

諦めて帰っていたかもしれない。

夢を叶えてもらって感謝です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク



コメント

  1. おおぐり より:

    始めまして
    最近、サンショウウオの幼生を捕まえてきて飼い始めました。こちらで色々と勉強させていただきたいと思います(^^)

    よろしくお願いします!

  2. 管理人 より:

    こちらこそ、よろしくお願いします♪
    おおぐりさん、はじめまして。飼育は難しい面もありますが、懐いてくれたときはとても嬉しいです。頑張ってください!参考になるかわかりませんが、気軽にいらしてください(^^♪

  3. おおぐり より:

    さっそく
    質問なのですが、上陸して一週間ほどですが、ワラジ虫を食べません涙 いずれ食べますか?

    あと、幼生を捕獲してきたあたりで成体を発見するのは素人には無理でしょうか?

  4. 管理人 より:

    おおぐりさん
    上陸して間もないうちは餌を食べないことが多いので心配いりません(^^♪早い子は三日、遅い子だと三週間から一カ月近く食べない子もいます。あまりに食べない場合はサシ虫やイトミミズ、アカムシなどいろいろな餌を試すと良いと思います。個体によってかなり選り好みしますので。

    成体を見つけることは可能です。ただ、水辺に集まる産卵期以外はかなり確率が下がります。種類によって産卵期が違うので、その種に応じた時期に挑戦してみるとよいかと思います。