岸からクロアナゴ釣り

クロアナゴ」と言えば東京湾での釣りが有名だ。

タックルは固めのバスロッド程度でよく、メタルジグなどを使って直接歯にラインが当たらない工夫をすれば

ナイロン16ポンド程でも釣れる。リーダーを使うのであればナイロン60ポンド~100ポンド程度。

餌はイカや青魚の切り身など。

大雑把に書くとこんな感じ。

船からのイメージが強いこの釣りだけれど意外と岸からも釣れたりする


(6月に横浜の海釣り公園にて)

岸からサメを狙っているときに外道としてお出ましすることが多々あった。

場所は横浜を中心に三浦半島から平塚周辺まで割と広範囲。

ある程度水深があって砂地に根がからむ場所に多い。

もちろんポイントによって濃い薄いはあるけれど普通に釣りとして成立する本数は釣れる。

岸から狙っていた時はバスロッドのXHにPE4号、ナイロンリーダー100ポンドで針はバス用のオフセットを使っていた。

オモリは15~20号で捨てオモリ仕様でぶっ込み釣り。

外道でウツボやらエイやらがとても多いので強めのタックルが良いかと。

…目がきれい。

ただ、岸釣りか船釣りかと言われると船かな。

数釣れるし、なによりこの釣りは友人とわいわいしながら釣るととても楽しいからね!

クロアナゴ、味は如何に




ちなみに、味はと言うと普通の白身魚で大味

料理法にもよるだろうけどマアナゴの方がはるかに美味いと個人的には思う。

食後の骨を標本にしてみたところ…

足りてない骨があるって?それは心の目で補ってください!笑。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク