マテガイ採り

事の発端は職場の先輩の「マテガイが採ってみたい!」という一言。

持ち前の知識は「細長いやつ」といった程度なので、

採り方はおろか、どれがマテガイなのかもよくわからない。

ただ、とても面白そうだったので二つ返事でOKして同行させてもらった。

それで、実際にやってみるとめちゃくちゃ面白くて、

最近では一人でも行く始末。


楽しいぞ!マテガイ採り!

場所は干潟。干潮のタイミングを見計らって突撃する。

装備がこれまた珍妙。

適当に掘れるやつと『』。

「は! ○! た! の! 塩!!」はダメ。

サラサラと穴に流し込めるタイプが吉。

砂浜を数センチ掘ると穴が確認できるので、そこに塩を力の限り流し込むだけ。

気に食わない友人の目にみかんの汁をかける要領で。

けれど、この“穴”がなかなか曲者で、

最初はマテガイの穴とそうでない穴がなかなか区別できなくて。

丸い穴は違って、ちょっと細長い奴がそれらしい。

中にマテガイがいると、「ニョキ….ニョキニョキニョキー!」

と飛び出してくるので引っこ抜く。

ただ、最初の「ニョキ」で引っこ抜くと水管だけがもげるので、

殻が出てきたところをわし掴み。

味はアサリに似ていて結構美味しい。

マテガイの他にもいろいろな生物がいて干潟は楽しいところ。

次の目標は筆を使って採るアナジャコかな。

潮干狩りに マテ貝ホイホイ スチールL マテ貝専用キット クワ+塩用ボトルセット
クリエーター情報なし
ナカジマ

スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク