冬山登山 ~那岐山~

年始の連休をグダグダと過ごしていた。

そんな折に急に思いつく。

「冬の山に登ろう」

新年から腐りかけていた自分に喝をいれる意味も込めて。

場所は『那岐山』

鳥取県智頭町と岡山県奈義町の境界に位置する山。

早速、登山口に向かうと既に五台ほど停まっている。

思いのほか人気なようだ。那岐山。

ちゃちゃっと準備を済ませて、いざ入山。

網を持たず山に入るのは久しぶりのこと。

流石にこのぐらいの標高になると雪が積もっている。

そして疑問が一つ。

トレースははっきりしているものの、

新しい足跡がまったくない。

少なくとも自分の直前に出発したグループの跡はあるはずなんだけど…。

登山口からのコースはBとCの二つ。自分はBを選択。

まさか、みんなC?

この謎は後程解決する。

一時間ほど登るとだいぶ景色が開けてくる。

あんまり雪ないね。

時折見える青空と雪のコントラストが綺麗。

そして、一時間半ほどで頂上に到着!

キンキンに冷えた空気が気持ちいい。

写真を撮る手が震える。

雪だるまがいた。

かわいい。

稜線を進む。

いつの間にか雪も止み、青空が広がっていた。

小屋を発見。

休憩しようかと思ったけれど、

猛烈な北風が吹き込み、むしろ寒い。

限界が近かったので帰り支度をしていると、

自分の直前に登り始めたおじちゃんに遭遇。

「Bコースから来られたんですね。あちらは遠いでしょう?」

うん?

そうなの?笑

どちらも似たような距離だと思っていたんだけれど。

帰りはなんの躊躇いもなくCコースにしたが、

雪もなく道もしっかりしていてとても楽だった。

そして無事下山。

山はやっぱりいいよね。

次は大山かな。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク