オオダイガハラサンショウウオ採集 ~third challenge~

そろそろかな~と思って出向いた和歌山県。

もちろん、オオダイガハラサンショウウオがメイン。

時期は四月の終わりだったかな。

結果から言えばこの読みはことごとく外れることになる。

今年は自分がメインフィールドとしていた地域が豪雪で、

山にも入れない状況だった。

当然、サンショウウオの産卵も遅れがち。

もしかしたら和歌山でも?

そう思って向かったが何のことはない。

道中は気温も25℃を超え、完全に夏を感じる陽気だった。

少し気がかりに思いつつ車を走らせる。

ポイントに到着すると打って変わって、少し肌寒い。

標高も高く日差しも少ない山の上。

水は相変わらずの透明度。

沢に入って5分。

なにやら不思議な色をした物体がぽつんと佇んでいる。

オオダイガハラサンショウウオの卵嚢。

この特徴的な青色に心惹かれる。

ちぎれて流された模様。

中でひょこひょこ動くリトルサンショウウオがとてもかわいい。

あまりオープンな場所にあるのもよろしくないので、

石陰に移動させて次へ向かう。

大きな岩の下からひょっこり顔を出している卵嚢も発見。

この調子でいけば成体も?

期待に胸を膨らませるも、、、

卵嚢は多く幼生もちらほら見えるものの、

成体が顔を出すことはない。

気が付けば日も沈み、

まさかの夜の部に突入してしまった。

日中に見つけて夜は海で釣りを楽しむ予定だったのに。

考えが甘かった。

さて、一度車に戻って準備を整え再び出陣。

獣の気配を感じつつ山奥へと入っていく。

ちなみに、夜の入山は大変危険なのでおすすめしません。

なにがあっても自己責任です。

岩の上で餌をとるべくスタンバイしている幼生たちを横目に、

探してみるもののしっぽも掴めない。

挙句の果てに山中の倒木やら石を返してみたが不発。

技術不足に加え、この場所での産卵時期が思っていたより早かったようだ。

会えるのはまた来年….か。

長いね。

採集に行った翌日のこと。

ツイッターでオオダイガハラサンショウウオの捕獲画像を次々と目にし、

「流石だな~」と思いながらも、

心穏やかではいられない自分がいた(゜_゜)

スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク