民家の近くにオオサンショウウオ

ゴールデンウィークに入り帰省中、暇を持て余し近所の水辺を徘徊する。

田んぼの水が流れ込み、どこの川も濁り気味。

本川は観察しづらかったので水路をメインにオオサンショウウオにご挨拶。

家から徒歩5分で大自然に身を置ける素晴らしい環境である。

流れに頭を向けて上流から下がってくる魚を待ち構える。

この個体は全長で90cm近く、この辺りでは大型である。

しばらくぼけ~っと眺めた後少し移動。

幅1m程の水路を眺めながら歩いているとボサ下から顔を出す輩を発見。

ライトを当てるとじわじわと引っ込み鼻先しか見えなくなってしまった。

少し下流にもう一匹。

何を食べたのか腹がぷっくり膨れている。

そしてなんとなくデジャブ。

よく見たら以前この場所で確認した個体と同じような模様をしている。

おそらく同一個体だろう。

予期せぬ再会に嬉しくなってしまった。

そしてまた下流に移動し小さなタマリヘ。

一匹。

そして、もう一匹。

こんな小場所に密集して喧嘩しないのだろうか。

こっちの心配をよそにばくばくカワムツを捕食している。

逞しいこって。

今度は上流側に移動。

お世辞にも綺麗とは言えない水をたたえている場所。

そんな細かいこと気にする素振りもなく、

虎視眈々と餌を待ち続けている。


思ったよりも身近な存在

今回は小一時間で六匹のオオサンショウウオに会うことができた。

場所はすべて「民家のすぐ近く」。

夕食の明かりが照らす陰にひっそりと潜んでいる。

「思わぬ場所に予想外の生き物」

それが生き物探しの醍醐味の一つ。

食後の散歩がてら水辺に目を落とすと、

新しい発見があるかもしれませんね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク