オヤニラミ釣りと春の兆し

少しは春を感じれるかと訪れる山はどこも雪景色。

逃げるようにたどり着いた人里離れたとある水辺。

ここには春が来ているだろう。

そう信じて竿を出す。

空気は暖かいけれど冬を思い出させるクリーンな水色。

ジグヘッドにミミズを付け待つこと少々。

ピロピロ~と現れてシュッ!と去っていく姿が見えた。

何度もヒット&アウェイを繰り返す姿に癒され、

なにか懐かしいものを感じた。

幼い頃やってた釣りってこんなんだったなーと。

安い振出竿でミミズ掘って付けて何も考えずに釣る。本当に適当。

それでも環境が良かったからいろんな魚が釣れた。

今では珍しくなってしまったけれど。

あまりおちょくり過ぎるのもあれなので、

頃合いを見てロッドを上げる。

『オヤニラミ』

春の風物詩。なのかな?

低水温でも元気元気。

少しからかい過ぎたようで“おこ”です。笑

そっと水中に放すと脇目もふらずボサ下へ逃げていく。

デカい魚が悠々と去っていく姿も良いけれど、

小さい魚が「ワーッ!」と逃げていく姿もかわいくて好きだな。

ふと気が付けば辺りは薄暗い。

時間を忘れていたらしい。

この感覚もどこか懐かしい。

帰り際、目を凝らすとより一層春っぽい風景。

春の兆しを感じた一日でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク