釣り納めはオヤニラミのはずだった

公私ともにバタバタなここ最近でしたが、

連休に入ってほっと一息。

したのもつかの間、気付けば今年もあと一日。

「釣り納めせねば」

田舎の自然の中でホッコリしたかったので、

オヤニラミに会いに行くことにした。

物心つく前からある昔馴染みの釣具屋。

「長いことされてますね」

「ぼちぼちです」

たわいもない会話から始まり、

昔からお世話になってますと話すと、

ミミズを150円も安くしてくれた。

下心があったわけじゃないが、素直に嬉しかった。

大学進学だの就職だのでこの地を離れ、

このお店に顔を出すのは何年かぶり。

おばちゃんもこちらの顔を覚えているはずはない。

昔と変わらない心遣いに心が温まる。

風は冷たいものの暖かい日差しの中釣り場へと向かう。

実家に帰るに際して自前のタックルは持ってきていないので、

父親のアジングタックルをちと拝借。

顔を見に来たのでオバースペックでもなんでもいい。

ミミズをつけてボサ付近を丹念に探ると….

何の気配もないんですねーこれが。

この場所は諦めて少し上流へ。

ぼんやり水中を眺めているとクサガメがバタバタと泳ぎながら餌を探し、

コイも岸際で河床をはむはむしている。

なんとなくだが釣れそうな気配。

でも…..

釣れないんですねーこれが。

諦めて日向ぼっこしていると目の前を通りかかるニゴイ。

おもむろにミミズ付きジグヘッドをぶっ込むと躊躇うことなくパクっと一口。

これがなかなか良い引きしよる。

ドラグを出しながら徐々によせる。

本来の目的とは違っているけれどとても楽しい。

あがってきたのは金色に輝く立派なニゴイ。

色あせた景色とは対照的。

オヤニラミではないけれど縁起が良い。

なにより久しぶりに釣れて嬉しかった。

概ね満足したので、あとは川面を眺めてまったりと時間を過ごした。

対岸にあるおばばの家は孫が帰ってきているのだろうか、

元気な声がこちらまで聞こえてくる。

年末に祖母の家に帰り大騒ぎしていた幼き日の自分を思い出して、

少し懐かしかった。

さて、今年も残すところわずかとなりました。

みなさまにはお付き合いいただきありがとうございました。

来年はフィールドに出る機会を増やして更新頻度も上げようと思ってます。

乞うご期待!

それではよいお年をお迎えください!

スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク



コメント

  1. kuwagata_hiroki より:

    今年一年、楽しいブログをありがとうごさいました。
    来年も期待してます。
    お互い、安全第一で野外遊びや生き物採集を楽しみましょうね。

  2. kuwagata_hiroki より:

    今年一年、楽しいブログをありがとうございました。来年は更新頻度も増えるようで、期待してます。
    お互い、安全第一で野外遊びや生き物採集楽しみましょう。
    それでは、良いお年を。

  3. kuwagata_hiroki より:

    すいません。
    酔っ払っていて二度送ったみたいです。

    • KaZ より:

      こちらこそ、いつも頂くコメントがとても励みになっています。今年一年お付き合い頂きありがとうございました。自然や生き物の魅力を伝えられる人間になれるよう精進します。それでは良いお年をお迎えください。