ショウジンガニを釣りで狙ってみた

熱海周辺で友人とウツボ釣りに励んでいた時、

視界に入ってきた見慣れないカニ

「味噌汁にしたら美味そう!」ってことで真剣に狙ってみたけどダメだった。

網もなかったから岸にへばりついてる奴を「トリプルフックでぶっ刺そう」

という魂胆だったけど硬すぎた…(笑)

その後も伊豆から湘南辺りまで広範囲で目撃したけれど、

釣るには至らず…。

リベンジしてやろうと思って調べたところ、

ショウジンガニ」というカニらしい。

なんでも伊豆の稲取の方ではこのカニを対象とした、

“ひっこくり漁”という伝統漁もあるんだとか。

竹竿の先に輪っかにした紐と魚をつけて、

寄ってきたところで紐を引いて縛るというものらしい。

なんか楽しそう!

機会を見つけてやってみたいところ。

味の方もかなり良いとある。

これはモチベーション上がりますわ!

早速スーパーでイワシを買って熱海に向かう。時期は8月初め。

仕掛けは友人からもらったもので、

螺旋の下に小さな網が付いているという変わり物。

プロマリン(PRO MARINE) 投カニアミ L HJ106
クリエーター情報なし
プロマリン(PRO MARINE)

螺旋部分にイワシの切り身を入れて投入!

しばし待つと、わらわらとカニが寄ってくる!

そして、網が足に絡まったことを確認して抜きあげる。

なにこれ。意外と楽しい笑!

とても簡単でサクサク釣れる。

ただ、ウツボが同時に寄ってきてしまうのには困った。

一発で仕掛けがだめになるし。

早々に6匹ほど確保できたので、

帰って味噌汁を作ることに。

真っ二つにして鍋にin!

出汁要員として「カメノテ」さんにも登場していただく。

後は沸騰してしばらくしたら味噌で味付けして完成!

…なんか想像と違う。

脚の多さが妙にキモチワルイ(笑)。

カメノテの“食べ物じゃない感”も悪い意味でマッチしている。

しかし!

こんな見かけだけれど味は絶品なのです!

濃厚で深いカニの味が味噌とマッチしてめちゃくちゃ美味い。

身はあまりないけど、食べるとしっかりカニの味がする。

ちなみに、カメノテは予想に反して美味しかった。

貝の味を想像していたけど、甲殻類の味。エビに近いかな?

後日、1匹を標本にしてみたけれど失敗。

日が経つにつれて猛烈な磯の香りが…(笑)

スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク