タイワンキンギョ繁殖中

タイワンキンギョ繁殖のメインシーズンである6月~9月は繁忙期で出張が続くため、

世話が難しくなる。

今時期であれば多少余裕があるので….。

こちらの都合で大変申し訳ないが前倒しで繁殖に挑戦することにした。


タイワンキンギョの繁殖方法

室温(15℃)からヒーター(25℃)に変更した水槽にオス一匹メス一匹を投入。

塩ビ管や流木を多く入れ隠れ場所を作ることも忘れずに。

オスがメスを追いかけ続けメスが疲弊してしまうと産卵に至らないので、

逃げ込める場所が大切だ。

蛍光灯は12時間で固定。

そして餌の量は通常よりも多め。

この飼育法に変えてから一日後、オスが泡巣を作る。

二日後、早くも産卵。

この時点でメスは別の水槽に移す。

でないと、卵を守るオスから攻撃を受け続け衰弱、

ひどい場合は死んでしまうことにもなり得る。

オスはせっせと泡巣を作り、卵が落ちないよう泡の濃い所へ移動させる。

指を近づけるととても怒る。下手な刺激を与えて体力を消耗させないように。

そして、二~三日後、孵化。

泡に引っ付いてピコピコ動いている。

オスは下に落ちそうな子を拾い上げては巣に戻す。

必死に子育てをする姿に感動。

今はここまで。

飼育日記のように更新していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク