チョウセンブナが泡巣作った

ストック水槽(45cmに10匹)から体格の良いペアを選んで、

30cm水槽に移した翌日のこと。

オスが泡巣作ってる!

ストック水槽ではそんな様子は欠片もなかったので、

オスとメスの比率が重要なんだろうね。

5月頃にペアリングした時はまったく泡巣を作らなかったから、

水温と日照時間が適正ではなかったみたい。

婚姻色も今ほど発色していなかったし。

てか、相方がメスである確証がない。

言ってしまえばメス(だと思う)のやる気がない。

サイズと鰭の長さから判断すればメスだと思うのだけれど、

どうなんだろうね。

もしかしたら、禁断の花園を提供した可能性もあるな笑

産卵には至っていないようなので、もう少し観察してみよう。

違うペアや屋外水槽のパターンもやってみたい。

次回は産卵報告ができたらいいな~(^.^)

日本の外来魚ガイド
クリエーター情報なし
文一総合出版
スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク