サンショウウオと白い粉

ここ最近は暖かい日が続いている。

数ヶ月前に降った爆雪も溶けてるんじゃないかな~。

淡い期待を胸に久しぶりにフィールドへと出向いてみた。


行く手を阻む白い壁

到着して唖然。

溶けているどころか、

残雪で通行止め。

仕方なくポイントのかなり手前から歩く羽目に…。

しかし、誰の足跡もない雪面を歩くのも悪いもんじゃない。

むしろ気分はいい。

ちなみにガードレールは足の下にある。

昼間だというのに鹿が水辺を徘徊している。

寒くても元気なフレンズなんだね!

30分ほどかけてのしのし進み、

やっとのことで到着。

岸際は全て1.5m程の雪。

何も考えず斜面を滑り台のように滑りそのまま入渓。

今回のフィールドワークで一番楽しい瞬間だった。

降りてからふと気づく。

帰りはどうやって上がるんだろう。

….まぁ、なんとかなる!…はず。

深く考えないようにして散策を始める。

ちなみに今回の目的はハコネサンショウウオ。

夏場とは少し着き場が変わっていて、

苦労したがなんとか出会えた。

嬉しい。たしかに嬉しいが、、、寒い。

夕暮れが迫り気温はガンガン下がる。

おかげで鼻水はダラダラ手はジンジン。

よって、撤退!!

が、川の両サイドを見ると、

そびえ立つ雪の壁。

「どっから上がるのこれ…」

案ずるより産むがやすし。

川の一番大きな石に登り、

雪壁に向かって跳ぶ。

うまいこと両手両足が雪に刺さり、

そのままサクサクよじ登る。

無事、生還。

そして、家に帰ってからはサンショウウオのお世話。


危険な香りがする白い粉

ワラジムシが安定供給できないこの頃は、

この「白い粉」にお世話になっている。

なんだかポリスメンが来そうな見かけだが。

まぁ、単に「カルシウム」と「ビタミン」。

ジェックス カルシウムVITD3 40g PT1855
クリエーター情報なし
ジェックス

これを餌にまぶして給餌。

不足しがちなものを補う。

いわゆる“ダスティング”というやつですね。

人間でいうサプリメント?

自分の健康なんて考えたことがないが、

サンショウウオには気を遣うのです。





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事と広告