琵琶湖でワカサギ掬い ~part 2~

【だれでも簡単にできる】琵琶湖でワカサギ掬い
琵琶湖の冬の風物詩“ワカサギ掬い”に挑戦してみた。

の後日。

またしても琵琶湖へ向かう。

時刻は18時30分。

昨日と同じ要領で夕飯を確保しようと思ったのだけれど、

まったくいない。

時間が少し早いのだろう。

個人的な意見だが20時以降が良い時間ではないかと。

夕飯の買い物などを済ませ、

20時ごろに到着。


柳の下の二匹目のワカサギ….

ライトで浜を照らすと、

またしてもまったくいない。

「これいかに」

いや、まてまて。

目をよく凝らすとちらほらと姿は見える。

若干の濁りと波で非常に見にくい。

予想外の展開である。

こうなってはタモ網は分が悪いなぁ。

ちょこちょこ拾いながら歩くが数は昨日の比ではない。

こうなると投網なんかの方が遥かに効率が良いだろう。

現に投網を投げている方も見受けられた。

そうこうしているうちに、小さな流入に到着。

この流入がまさに救世主となる。

濁りも波も関係ないため、

定期的に上ってくるワカサギを掬う。

効率はさほどよくはないが、

こんな日にはとても助かる。

よく見るとお美しい

それにしても立派なこと。

ワカサギ釣りをしたことがあるが、

こんなサイズはお目にかかったことがない。

そしてとても綺麗な“淡い緑色”。

側面は銀色に輝く。

食味を抜きにしても魅力的な魚だと思う。

簡単だと思っていたが、波や濁り風などの影響で、

状況はガラッと変わることがわかった。

本気でやるなら風裏になるポイントを新規開拓せねば。





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事と広告



コメント

  1. kuwagata_hiroki より:

    こんばんは、連日の出撃お疲れ様です。
    私も行きたいのですが、ノーマルタイヤなので雪の写真を見て一抹の不安を感じております。やはり、かなり北上した方がよいのですか?

    • KaZ より:

      こんばんは。
      かなり広範囲に接岸しているので無理して北上する必要はなさそうです。
      現在はまったく雪はありませんが、また寒波が来てますので用心に越したことはないですね。

  2. AKIRA1234567890 より:

    ワカサギ掬い挑戦したい。
    岐阜県西部在住74歳。
    ヘッドランプ・タモ購入しました。
    防寒対策で胴長・オイルカイロ等準備しました。
    あとは場所です。
    突然勝手なお願いで申しわけございません。
    エリア・○○付近等で教えて頂けませんか?
    宜しくお願いいたします。

    • KaZ より:

      コメントありがとうございます。
      ホームページやブログ等々は多数の方が見る可能性があるので、具体的なポイントを表記してしまうと多くの方が押し寄せ、
      地元の方の迷惑となってしまう場合があります。この場では書けませんがツイッターのDMでしたら、ほんの少しですがお力添えできるやもしれません。

  3. AKIRA1234567890 より:

    早速の返信有難うございます。
    現在の雪峠過ぎたら出掛けます。
    知内川より大津まで土地勘がないので昼間下見してきます。
    結果報告します。しばらくお待ちください。
    当地のイワナ今月中旬までお預けです。

    • KaZ より:

      雪道などお気をつけていらしてください。個人的に北に行くにつれてワカサギが多い気がします。砂浜と河口があればほぼ間違いなく接岸してきます。良い結果が聞けることを願ってます。イワナ、、、雪中の釣りは芯まで冷えますが、澄み切った独特の空気感がとても好きです。