鍋にしないほうのドンコを観察してきた

ナマズ釣りの帰り、「ドンコ」が大量にいる水路に寄ってみた。

ドンコはハゼの一種で一生を淡水で過ごす“純淡水魚”。

どこにでもいるなんの変哲もない魚だけれど容姿からにじみ出る「シブい感じ」が気に入ってる(笑)。

ちなみに、「ドンコ鍋」に使われるのは本種ではなく、

海産種であるチゴダラ等のことで、地方名としてドンコと呼ばれている。

この日も早速発見!

岸際で微動だにしないカワイイやつ。

模様があれに似てる。あれ…そう!エンドリ!!

ジャパニーズエンドリである。

どことなく目も似ているような。

飼育する際のハードルもそれほど高くないみたいなので挑戦してみたい!

ちなみに、かなりデカいワームにも果敢に食ってくるので釣りの対象としても面白いかも。

メバル用のワームでも良いし小さいスプーンでもいい。なんでもいい。目の前に来れば。

エコギア(ECOGEAR) ルアー グラスミノーSS 1‐1/8インチ #228 2864
クリエーター情報なし
エコギア

石に擬態しているものは見つけにくいので、岸に垂直にへばり付いてるやつがオススメ。

まぁ、こんな釣りに興味を持つ人は少ないのではなかろうか。

網で掬えば一発だからね!(笑)

スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク