カスミサンショウウオ(ヒバサンショウウオ)

当ブログではサンショウウオのの記事が多く、

採集記以外にも“サンショウウオの飼い方”を調べるために訪れる人もちらほらいらっしゃいます。

その人たちのためにも「ちゃんとまとめないとな~」

と思っていたので、カスミサンショウウオの卵嚢の扱いから幼生、

成体の飼い方について書きます。

それではどうぞ!

カスミサンショウウオとは....

まずは『カスミサンショウウオ』について。

有尾目サンショウウオ科に属す両生類で、体長は10cm前後。

ここから少し面倒な話になりますが、ご容赦ください。

カスミサンショウウオは元来1種とされていましたが、

研究の結果、違う種類が含まれているとわかり2019年に9種に分類されました

下記に記載します。

九州

  • カスミサンショウウオ

本州

  • サンインサンショウウオ
  • ヤマトサンショウウオ
  • セトウチサンショウウオ
  • イワミサンショウウオ
  • ヤマグチサンショウウオ
  • アブサンショウウオ
  • アキサンショウウオ
  • ヒバサンショウウオ

なので、正式なカスミサンショウウオは九州にしかいません。

この記事に出てくるカスミサンショウウオも正式には、

ヒバサンショウウオ」と「セトウチサンショウウオ」です。

分類される前の個体なのでカスミサンショウウオとして話を進めます。

飼育方法に差異はないのでお気になさらず。

では、本題。

カスミサンショウウオの産卵と卵嚢について

季節は11月から3月半ば。

カスミサンショウウオが産卵のために水辺に集まる季節。

「何月?」と聞かれても地域やその年の積雪量で大きく変動するので、

一概には言えません。

カスミは止水性(水の流れのないor緩い場所に産卵)なので、

山間部のため池や水たまりの様な場所に卵を産みます。

また、カスミには『高地型』と『低地型』というものが存在します。

現在の「ヒバサンショウウオ」と「セトウチサンショウウオなど」です。

高地型(ヒバ)は比較的標高が高い場所に生息するタイプ、

低地型(セトウチなど)は低い場所に生息するタイプと分けられます。

前者は湧水や流れ込みによってできた水たまりのような場所で産卵しますが、

後者は田んぼの脇のみぞ(やね溝)や、

山里の湿地にある水たまりなどに産卵することが多いです。

詳しくは後述します。

産卵ほやほやの卵嚢は水分を吸っておらずしわしわですが、

時間の経過とともにプリプリになります。

水中で輝く卵嚢を見るとついつい持って帰りたくなりますが、

オススメしません。

上の写真でもわかる通り、一個の卵嚢からかなりの数の幼生が出てきます。

飼育できる範囲で飼うようにした方がよいと思います。

それでも持ち帰りたいという方は、それなりの設備と覚悟をお持ちください

予想外の事態

ちまみに、自分はその両方ともなく持ち帰ったことがあります。

少し弁明すると卵嚢は持ち帰っていません。

持ち帰った成体が水槽内で産卵するという事態が起こったわけです。

当時の自分は大した知識もなかったので、

まさか水槽内で産卵するとは思ってもみなくて、、、。

それでも産まれてしまったものは大切に育てました。

水温は冬場の室内なので15~20℃弱。

クーラーボックスを使っていたので、

温度変化は少なかったと思われます。

水は産卵場所と同じ水を使用しました。

ちなみに、水道水のカルキを抜いたものでもかまいません。

エアレーションは卵嚢が撹拌されない弱い程度で付けてましたが、

無しでも問題なく幼生になりました。

上の写真から10日後。

だいぶサンショウウオチックな見た目になり、

中でちょろちょろ動くのがまた可愛いです。

さらに20日後。

卵嚢から出てきて少し経った段階ですね。

出てきた直後の写真がないのが実に惜しい。

我ながら詰めが甘い。

卵嚢の扱いで大切なこと

カスミサンショウウオの卵嚢は、

ほぼ世話をせずとも幼生になります。

「極端に高温or低温にしない」「飼育水を腐らせない」

の二点に注意すれば問題ありません。

生存率を上げるとかそういった話になると、

もう少し工夫がいるかもしれませんが、

上記の方法でも9割以上が無事幼生になってます。

おすすめの記事