おおの自然観察の森

今回訪れたのは広島県廿日市市にある「おおの自然観察の森」。

なんでも一風変わった植物があるそうで。

こう見えて魚だけじゃなく植物を愛でる心も持ち合わせているのですよ。

とか言いつつ本当の目的は他にあるわけですが。


ハート形の葉を持つ植物

さて、そんなわけで観察観察。

植物を見に来たとはいえ、ついつい水辺に目がいってしまう。

大量のメダカとカワムツが群れを成していた。

トンボもあちらこちらに見え仲睦まじい姿も、、、。

ずいぶん寄り道をした末、たどり着いた例の植物の群生地。

その名も「ベニマンサク」。県指定の天然記念物。

が、見事に落葉している。

あったとしてもラブリーな葉は見るも無残な姿をしていた。

落胆しつつ少し低い位置に目をやると、

想像通りの姿がそこにあった。

ハート形、しかも紅く染まっている。

とっても素敵やん。

無事に見れて一安心。よく見ると緑色の葉もちらほらと。

日の当たり方で紅葉具合にむらがあるようだ。

その後、湖の周りに数多くのベニマンサクを発見。

行きは見つからなかったのに。

一つのことを知るだけで、

こんなにも見る世界が変わるものなんだなぁ。





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事と広告