琵琶湖でバス釣り

ビワコオオナマズを求めて集った三人。

姿も見せない本命に翻弄され、

疲弊しきったメンタルを癒してもらうべくバス釣りへ。

友人の一人が激アツパターンがあるというので、ガイドしてもらう。

ストレートワームをオフセットに装着して沖にポーンと投げる。

トゥイッチをした後に少し止める。その繰り返し。

なんともチルな釣り。

すると、吸い込まれる感覚があったので、

ゆっくりのけぞるようにフッキング。

重量感のある引きとともに浮いてきたのは、

なんと60cmのビッグバス。

人生初のロクマル。

バス釣りでここまで感動したのはいつぶりだろうか。

自分のことのように喜んでくれる友人たち。

“バス釣り”と“人と行く釣り”

この二つの楽しさを改めて実感させてくれた一匹だった。

その後も40cm中頃から50中盤がポロポロ釣れる。

行く機会はめっきり減ってしまったが、

自分に釣りの基礎を教えてくれた魚。

とりまく境遇は決して良いものとは言えないけれど、

大切にしていきたい釣りの一つ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. おおぐり より:

    ロクマル!!

    素晴らしいですね。よくひいたでしょ?

    • KaZ より:

      それが最初はデカいことに気付かなくて、岸に寄ってから気付いて焦るっていう笑。なんというか重量感のある引きでした。