イワトコナマズと出会った時のお話

ある日のこと。

ビワコオオナマズが釣れなくて、嘆きに嘆いていた夜更けの琵琶湖にて。

今年一番のメモリアルフィッシュ ~ビワコオオナマズ~

光を警戒することもあるので、照らさないようにしていたのだけれど、

あまりの釣れなさに嫌気がさし、

「姿だけでも拝んでやろうじゃないか」

と湖畔にライトを向けた。

すると、小型のナマズが数匹ゆ~らゆら泳いでいる


マナマズに興味なし

この時点での感想は「マナマズさんですね~」。

もちろん、この時は興味がなく“完全スルー”。

ただ、複数が一緒にいることはあまり見たことがないので、

孤独な夜の寂しさを紛らわす意味も兼ねて友人にLINEで状況を伝える。

「マナマがいっぱいおる~(・_・)」

「マナマ?もしかしたらイワトコじゃね?」

…..IWATOKO?

それは、あれか?『イワトコナマズ』ってやつか?

『岩床鯰』

琵琶湖や余呉湖などに生息し、比較的岩礁地帯を好むナマズ。

この時点での感想「いやいや、マナマズさんでしょw」

マナマズだという自信はあった。

根拠のない自信が

自分が正しいことを証明すべく、釣り上げて確認してみる。

「やはりな。マナマズか」

“根拠のない自信”が、“根拠のない確信”へと変わった瞬間だった

マナマということもあって、興味の無さがよく写真にも表れている。

証拠写真を友人に送ってみると、すぐに返事が来る。

「イワトコだな!」

…….。

やはりな。イワトコか。そうだと思ってたんだ。うん。

「マナマズと比べ眼が側面にあり、腹側から確認できること」が大きな違いらしい。

なるほど。

たしかに、マナマズとは違った独特の雰囲気を感じるね(真に都合がよろしい)。

なにはともあれ、珍しい魚と出会うことができて良かったのだけれど、

釣り上げた時の感動は皆無(マナマと思ってたから)だし、

もう少し違う出会い方をしたかったと自分の無知を嘆くのだった

スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク