ハコネサンショウウオ、上陸しました

ハコネサンショウウオの幼生をお迎えしてから三ヶ月...。

やっと上陸しました!

陸地は作っているのだけれど、

蓋があるケースの場合、壁面を登ってこんな構図になります。

この個体は幼生の頃、帯状の模様をしていましたが、

現在は斑状の部分もありますので、

幼生の頃の模様そのままに成体になるということはないようです。


ちなみに、この子は外鰓が完全に消失しているにも関わらず、

一カ月程水中にいました。

他の3匹もすでに外鰓は消えています。

我が家で上陸した他のサンショウウオ類は、

消えてすぐに上陸の兆しを見せたんですがね。

なんで、外鰓の有無よりも眼の突出具合と顔つきで

上陸のタイミングを判断した方が良さそうです。

多数の個体を飼育したわけではないので一概には言えませんが。

サイズは約8cmです。

肺が無く皮膚呼吸をすることも大きな特徴。

温度だけでなく湿度や清潔な床材を維持することも大切そうです。

サンショウウオの中では飼育が難しい部類に入るので、

頑張って育てたいと思います♪

爬虫・両生類ビジュアルガイド イモリ・サンショウウオの仲間―有尾類・無尾類
クリエーター情報なし
誠文堂新光社
コメント一覧
  1. gaian より:

    ハコネは自然下ではかなり潜っているので水苔は厚めに敷いた方がいいですよ。 あとあまり湿らせすぎると皮膚病になりやすいのでおススメしません。我が家のキタオウシュウやバンダイハコネ、タダミハコネ、ハコネはこれと足をちぎったイエコのSサイズを与えてかなり大きくなりました。(14くらい?)

    • Kazuho Kazuho より:

      コメントいただきありがとうございます。

      湿度管理はサンショウウオ飼育ではとても重要ですよね。今後も細心の注意を払いつつ飼育していきたいと思います。たくさんのサンショウウオを飼育されていて凄いです。人工飼料とダスティングしたハニーワームがメインなので、イエコも与えてみますね。ご教示いただきありがとうございます。

コメントを残す

関連キーワード
関連する記事