田んぼの珍獣「カブトエビ」捕まえたのーん

仕事中、ふと近くの田んぼに目をやると不思議な生き物がいた。

「なにあれ捕まえてみたい」

そう思ったけれど、流石に勤務時間内はマズイ...。

仕方なく昼の休み時間まで我慢して、早急に昼飯を済ませて現場へと向かう。


田んぼに小さなカブトガニ?

よし、まだいる。

底を這うようにして進むそやつをそっとすくった。

『カブトエビ』

淡水域に生息する小型の甲殻類。

カブトガニに似た風貌をしているが類縁関係は遠い。

まぁ、捕獲した時そんなことは頭になく、

「ひらたいらさん、捕まえたん!!」

と、ただはしゃいでいた。

職場が近いので、もし社内の人に見つかろうものなら、

かなり“痛い人”のレッテルを貼られることは間違いないだろう。

ちなみに、腹側はこんな具合。

生まれたてのエイリアンを彷彿とさせる。

それでいて目ははっきりくっきり大きくイケメンの部類である。

変わった生き物を観察できて、有意義な昼休みを過ごすことができた。

明日、職場内で噂になっていないか心配だけれど。

キセキの古代生物 カブトエビ飼育・観察キット:自由研究成功BOOK付き ([バラエティ])
クリエーター情報なし
誠文堂新光社
おすすめの記事