海水魚採集 in 三重

淡水域がメインだった採集も徐々に海水にも手を出し始めた。

そんなわけで休日の真昼間。三重の漁港をぶらつく。

いくつか見て回ったけれども、

あまり華やかなお魚は見えず、

潮風をあびながらのお散歩と化していた。

それはそれで気持ちが良いものだが。

薄い可能性とは裏腹に大きな網を携え、

ぼ~っと水面を眺める。

すると青い小魚が群れに群れていた。

ソラスズメダイ。珍しい魚じゃない。

でもなんか好きだな。


旗を持つ魚

何も考えず幸せで怠惰な時間を満喫していると、

ふわふわとなにやら見慣れない風貌の魚が漂ってきた。

不相応な得物で追いかけまわすと、

苦労することなく捕まえることができた。

「ハタタテダイ」

成魚はいかにも南国チックな縞々模様だが、

このサイズではあまりはっきりしていないようだ。

大きな目と尖がった口がかわいい。

しばらく観察した後、徘徊を再開。

海中のロープに目を凝らして見ると、

丸くて黒い物体が水流に負けじと頑張ってロープに寄り添っている。

そんな頑張りに何の配慮もせず否応なしに掬う。

ぐーふー。詳細はわからない。

丸々としたボディーとぴこぴこ愛嬌のある泳ぎ方。

いつまでも見ていられる。これぞ癒し系。

思う存分愛でたのでリリース。

そして一日の終わりに水平線を眺める。

贅沢な締めくくり。





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事と広告