『ヤマカガシ』

ヤマカガシ。

マムシの陰に隠れはするものの毒蛇である。

自分はヘビに関する知識は皆無に等しいが、

ヤマカガシは毒を持っている、

ということは子どもの頃から知っていた。

もとい教えられていた。

親から。

なので、ヘビに不用意に近付くことはなかった。


正しい距離感

むしろ“こわい存在”として位置していたため、

距離を置いていた、と言った方が正しいか。

今になって思うことだが、

親の教えは正しかったと思う。

好奇心の塊である子供に距離を取らせるためには、

危険性を伝えることが重要だろう。

この“危険性”を『正しく』教えられる大人はどのぐらいいるのだろうか。

正しくとは「自然はおそろしいもの」ではなく、

「自然はおそろしい一面『も』持つもの」ということ。

ヤマカガシなんかまさにそう。

綺麗で大人しいヘビだけれど、噛むこともあるし毒も持っている。

ヘビに限らず、自然は面白くて素晴らしいことがたくさんあるけれど、

中には気を付けなければいけないこともある。

そのことをちゃんと教えられる大人になりたいものです。

おすすめの記事