琵琶湖のコアユ、大量接岸中

「琵琶湖のコアユ」

この時期になると大群で湖岸に押し寄せてくる。

それを狙ってアユ釣りおじさんが河口に集結する。

「始まったな、琵琶湖の春!」

桜とはまた違った毎年恒例の景色に春の訪れを感じる。

まだ少し肌寒い夕暮れ時にコアユ捕りに向かう。

竿じゃなく投網を携えて。


一投で大量捕獲!

市街地を流れる小さな水路が琵琶湖へと繋がっていて、

それが注ぎ込む流入部を目がけて一投。

若干の濁りの中、小さな魚体がきらめいている。

なかなか立派なコアユ。

むしろ大き過ぎるぐらいだ。

コアユは小さなものの方が美味しい。

大きいと苔と一緒に砂を食んでいることが多い。

内臓を取りだせばいい話。

けれど、あの独特の“苦み”が好きな人もいる。

かく言う私もその一人なわけで。

去年は大きめのアユを取って喜んで天ぷらにしたものの、

全力で砂の食感」に心を砕かれかけた。

別の意味で苦い思い出がある。

このサイズがちょうどいい。

揚げるとクセもなく絶品、スナック感覚でいくらでも食べれてしまう。

お酒のあてにも持ってこい。

投網じゃなくとも釣りで楽しくgetできるからオススメだ。

夕飯には十分な量を確保。

30分後には素揚げになって食卓に並んだ。

まだ、シーズンは始まったばかり。

存分に楽しみたい所存です。

関連キーワード
関連する記事
おすすめの記事