【だれでも簡単にできる】琵琶湖でワカサギ掬い

ワカサギを掬いに行く

琵琶湖の冬の風物詩、「ワカサギ掬い」。

産卵のために接岸したワカサギが網一本で捕まえられるらしい。

噂には聞いていたがやったことはなく、

友人がクーラーいっぱい採ったと聞くたびに指をくわえていた。

時期もポイントも詳しいことはわからず、

重い腰はさらに重くなる一方。

「なんとなく今かな」

そう思って湖西を散策してみたものの撃沈。

なめた気持ちではダメらしい。

そんなわけで本腰を入れてワカサギ探しの旅に出た。


湖西を北上する

あまり遠くには行きたくないと思い近場で探していたが、

思い切ってかなり北上してみる。

案の定、雪は多く激寒である。

時刻は19時頃。

大きな河口のある浜を歩き、ほんの小さな流入を発見。

「まさか、こんなところに」

そう思ってしばらく眺めていると、

ひょこひょこ遡上してくる魚が一匹。

とりあえず掬ってみる。

「ワカサギ!!!」

よく見ると周囲にもいっぱいいるではないか。

むちゃくちゃ採れる。

ものの30分ほどで夕飯のおかず分はget!

ひとり身なのでこれだけあれば十分だ。

後はしばし、生態観察。

流入でも好き嫌いがあるらしく、

似たような場所でも遡上してくる数にはかなりの差があるようだ。

また、浜にもいたがこちらは5~6匹の群れで行動しており、

かなり岸際まで接岸していた。

楽に採りたいのであれば流入、

早く数採りたいのであれば浜かな。個人的に。

ただ、同じ浜でもいるところには大量にいるし、

いないところはまったくいない。

加えて、浜のほんの少し沖にいる魚も取りたいのであれば、

長めのタモ網が良いかもしれない。

ライトで照らすと沖に逃げようとするので、

進行方向に構えると難なく捕まえることができる。

幅の広い流入にも使えるし、

可変すれば足元も掬えるから便利。

礫径も関係あるんだろうか。

ワカサギが溜まっている場所はどこも似たような礫径だったので、

ふと思った。

浜を一通り見てまわって、

ワカサギが好む地形を覚えておく。

次回のために。

本命も採れて満足したので、

そそくさと家路につく。

そして、、、


実食!

採りたてをいただく。

今日の晩御飯はこれだけ。

できれば炭火でいきたいところだが、

そんな準備はしていないのでフライパンで我慢する。

素焼きと塩焼きと醤油で。

感想は、「めちゃくちゃ美味い!」

身はほくほくで骨も柔らかく、味は本ししゃもの様。

これが網一本で採れるなんて美味しい話である。

いくらでも食べれてしまう。

次回は炭火かてんぷらに挑戦してみたいものだ。

関連する記事
おすすめの記事