【意外と美味?】ブラックバスを食べてみた

あまりにも金欠で困ったとき、

お世話になったのがブラックバス

なかには「バス釣りするのにバス食べんの?」

そう思う人もいるかもしれない。

“守るべき存在として扱え”、と。

理屈はわかる。

「バス食べる=バスの数が減る=釣りにくい」or「バス食べる=気に食わない」

他にも理由はあるだろう。

「根っこの部分からバスが好き」

そういう人もいる。

その気持ちもわかる。

しかし、その理屈や気持ちを他者に押し付けてはいけない、そう思う。

例えば上記のような人でアオリイカ釣りもする人がいたとする。

やっとイカが釣れてクーラーに入れようとしたとき、

「イカがかわいそうなので食べないで」

そんなことを言われたらどうするか。

おそらく聞く耳は持たないんじゃないだろうか。

話が長くなってしまったけれど要は、

『人によって好きなもの大切なものが違う』ということ。

自分はサンショウウオが好きだ。

が、サンショウウオを食べることや燻製にしたりすることに、

否定的な意見は持たない。

「そんな人もいるし文化もあるだろう」そう捉えている。

ちなみに言っておくと、「食べて駆除」なんて崇高な理由は持ち合わせていない。

この時はただ食いものが本当に無かった。それだけ。


バスを捕獲する方法

ここからが本題。

バスの捕獲となれば釣りが第一に考えられるが、

案外お金がかかるもの。

ワーム一袋で500円以上かかるし、ハードルアーであればそれ以上。

おまけに釣るために時間がかかるという欠点もある。

じゃあ、どうするか。

使ったのが普通のタモ網。

夜の漁港に行けば階段や小さな段差などでバスやギルが寝ている。

それをすくう。いたって簡単。

それをその場で捌いて三枚にしてお持ち帰り。

綺麗な白身である。

臭いがあるのは皮と脂肪なのでそこは取り除く。

あとは適当に切って水分を取り除いて油にドーン!

唐揚げにすればなお美味しいのはわかっている。

しかし、調味料にお金がかかっては元も子もない。

そんなことを言い出せば油も使わない“素焼き”が一番安いんだけど。

流石にそれだけでは飽きるので揚げる。

あとは塩を振るなり、醤油をかければ完成。


果たして味はいかに.....

味?もちろん、そんなに美味しくない。

普通の白身魚の味。

ムニエルや唐揚げにすれば美味しく食べれる素材だとは思う。

が、普通の人であればスーパーで適当な白身魚を買った方が、

手間もかからないし断然美味しいものができる。

まるでdisっているみたいだが、

そもそもこのときは味度外視で「空腹を満たせれば良い」と、

食に対して少し歪んでいたのでご容赦ください。

この『バスの素揚げ』に助けられた恩は忘れていない。

今後もお世話になることがあるんだろうか。

できれば避けたいが人生何があるかわからない。

そのときはよろしく。

ブラックバス。

おすすめの記事