水浴びするオオサンショウウオ

小雨がちらつく中、ライトを携え田舎道を散歩。

盛夏であればカエルが賑やかだが、すでに落ち着いている様子。

崩れた護岸や堰が目につく。この辺りも西日本豪雨の爪痕が残っている。

二十年近くこの場所に足を運んでいるが、

ここまで環境が変わったのは初めて。


あいつらは大丈夫だろうか….

恐る恐る会いに行くと予想外の光景が。

陸上にいてはる。水浴びしてる。気持ちよさそうに。

こっちの心配とは裏腹に呑気なことで。

湿度が高い日は陸地にいることも少なくはない。

水路から流れ落ちてくる小魚やサワガニを狙っているのだろう。

微笑ましい光景である。

この後も、何匹か挨拶して帰路につく。

流されたり巣穴が潰れたりと、まったく影響がないわけでないだろう。

それでも力強く堂々と生きている。

「自分も頑張ろう」

静かでちょっと物寂しい川のほとりでそう思った。





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事と広告