伊豆でサメを狙ったら変わった魚が釣れた話

最近、急に冷え込んだせいか生き物が少ない。

そのため採集も上手くいかずブログ開始早々ネタがない(いきなりピンチw)

そんなわけで少し遡って9月の伊豆釣行について。


サメを求め伊豆へ

途中、熱海を通り楽しそうに観光するカップルをうらやましく眺めつつ(リア充爆発しろ)、

エサのサンマで生臭い車を西に走らせた。

日没前に釣り場である漁港に到着。

すぐさま準備してぶっ込む。そして寝る。

ロッドには鈴を付けているのでアタリがあれば分かる。

「…..」

10分ほどすると鈴が鳴る。なにやらズルズル引き込む感じでサメではない。

というかこのアタリは奴しかいないよね。

そう、ウツボさん。

ウツボ(左)とトラウツボ(右)

この辺りでぶっ込み釣りをすると高確率(というかほぼ100%)で釣れる。

関西出身なので最初は珍しく嬉しかったけれど、

噛まれて痛い思いをしたので嫌い。

詳しい釣り方や噛まれた時のエピソードはコチラに書いてます。

【危険だけど超美味!】「ウツボ」の釣り方やら仕掛けについて書いてみる
身近な怪魚「ウツボ」。引きの強さと“美味しさ”から人気が上昇中、だと勝手に思っている。そんなウツボの釣り方を紹介してみる。

トラウツボは本当にカッコいい!

凶悪な面なのに臆病というところもギャップ萌え!

その後も飽きない程度にアタリがあり


イタチウオ


ヒゲダイ

なんかヒゲ生えたやつばっかだな


ムツ


ウチワザメ&ヒラタエイ

サメはサメでもちょっと違う

そしてこんな珍客も登場


アサヒガニ

ウツボを20~30本ほど釣り餌もなくなったので終了!

目的の魚は釣れなかったけれど多種多様なものが釣れるので伊豆の釣りは大好きです。

アサヒガニ、実食!

アサヒガニは見てくれはまさに宇宙人。

塩茹でして開けてみると、

以外にも身はしっかり詰まっている。

気になるそのお味はというと「濃厚なカニの味」。

想像よりもはるかに美味!

機会があればお試しあれ!





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事と広告