ウグイの大産卵 in 琵琶湖

良く晴れた日の午後、琵琶湖を散歩中の出来事。

岸際には相変わらずアユ釣りのおじ様たちが糸を垂らしている。

負けじと水中に顔を突っ込む鳥の数々。

平和な琵琶湖の日常風景である。

水際でバシャバシャと跳ねる大量の魚群もいつも通り。ではない。

ものすごい数がうごめいている。

少し近付いてみると横縞模様がハッキリと見える。

大きさは17cm~30cm弱といったところ。

バシャバシャピチャピチャと音を立てて岸際15m程を埋め尽くしている。

正体はこの魚。

言わずと知れた「ウグイ」である。

婚姻色もばっちり出ていて綺麗かつカッコイイ。

オレンジと黒のコントラストが際立つ。

顔から鰭まで染まりあがっていて、普段の銀色とは程遠い。


ウグイの大産卵

繁殖、産卵のため接岸してきているのだろう。

その証拠にサッと湖床をすくうとオレンジ色の卵が。

夕暮れが近付くにつれ激しさを増す。

近付くと警戒して沖へと逃げてしまうが、その場でじっとしていると目前で大暴れ。

ここまで近いと迫力満点である。

こんな光景を狙って見ることは難しいのでとても嬉しかった。

ウグイを見てこれほど感動したのは初めてだ。

時期が変わればガラリと姿を変える琵琶湖。

飽きることがない最高の場所。

~動画もどうぞ~

関連する記事
おすすめの記事