アナグマを食べてオオサンショウウオ見てゴミ袋で滑った

毎年恒例『オオサンショウウオ観察会』。

馴染みの面々で繰り広げられる観察劇。

今年は例年より早く1月の開催となりました。

しかし、この日は寒波到来で見れるかはちょっと不安。

ふわふわの雪を押しのけ道を作りながらポイントに向かう。

雪で滑り落ちないよう慎重に川岸を覗き込むと、

いつも通りの姿がそこにあった。

春夏秋冬いつもここにいる。

季節は変われど相変わらず。

なんか落ち着く光景。

来年も三人で見れたらと心から思うけどね。

ひとしきり眺めて撤退する。

サンショウウオと違ってタフではないので。

“車内”というゆとり空間で夜明けまで休憩。

起床。

天気は回復。

すっきりと晴れた青空の中、

雪化粧した山々が印象的だった。

そして、本日二つ目の目的。

『真冬のバーベキュー』

メインディッシュはコレ。

「アナグマ」のお肉。

「イノシシ」のタン。

「イノシシ」のハツ。

三種の神器。

を雪上バーベキュー。

これらは全ていただいたもの。

こんなに貴重なものをありがとうございます!

また、改めてお礼を言いに行きます。

そして調理にとりかかる。

大きな肉に噛り付きたかったので、

大胆にカット。

これぞ男のロマンである。

それを、、、

こう。

タンとハツ。

最初は塩だけで食べてみる。

感想は、、、

「めちゃくちゃ美味い!!」

臭みが全くなく、

しっかりとしたお肉の旨みを感じる。

正直な話、

普段食べている豚肉の方がクセを感じる。

そのぐらいのレベルだった。

的確な解体処理があってこその味だ。

感動である。

そして気になるアナグマ。

気になるお味はと言うと。

こちらも文句なしに絶品である。

脂の割合が多いのだけれど、

その脂が凄く美味しい。

「脂が甘い」という表現が適確だと思う。

しかもすんなり食べれてしまうから驚きである。

まさに“お上品な脂”。

これからはアナグマと言う言葉を聞いたら、

まず肉塊を思い浮かべてしまうことだろう。

かなりの量だったが、

三人ですべて美味しくいただいた。

貴重な経験をさせていただきました!

そして、腹ごなしの雪遊び。

当初はかまくらを作る予定だったけれど、

時間的にきびしかったので急斜面をゴミ袋敷いて滑る。

案外楽しいのよ。これが。

一度やってみてほしい。

大の大人三人が一時間以上熱中するぐらいに楽しいから。

変に大人ぶるよりも自分が素直に楽しいと思えることをやる方が、

楽しいよ。たぶん。

さて、そうこうしているうちに体力の限界と日没が迫ってきたので、

解散する。

最後まで遊びきった最高の休日のお話しでした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク