【美味しい魚続出!】鯛ラバfishing!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

週末というのにまったく予定がなく、

なにかお面白いことはないかとUKに聞いたところ、

鯛ラバ”なるものが劇的に楽しいらしい。

なんでも「タダ巻き」するだけでタイが釣れるとかなんとか。

それは行かねばならんな。

UKに予約を取ってもらって、UKに車を運転してもらい、

UKの釣り具を借りて釣りをする。

夢にまでみた大名フィッシングにいざ出陣!


鯛ラバ初挑戦!

今回お世話になるのは三重県南伊勢の『勇一丸』。

マイルドな雰囲気の優しい船長さんにお世話になる。

6時頃出船。

ポイントに着くや否やUKに教えてもらいながら、タックルを組む。

「ヘッド」というオモリ(一個数千円するらしい)に、

「スカート」なるピロピロしたものとワームを付けて底まで沈める。

あとはゆっくりゆっくり等速で巻き上げてくるだけ。

「こんなのでタイが釣れるのか...」

正直、半信半疑である。

疑いの目を向けながらUKの方に目をやると、

早速竿を曲げているではないか!

針がかりしても落ち着いて同じ速さで巻くのがミソらしい。

どんなやつがあがってくるのか、

期待に胸を膨らませて待っていると、

予想外の魚が浮かび上がってくる。

でっかいアマダイ!!

こんなものまで釣れるのか!鯛ラバ!

俄然やる気が出てくる。

氏曰く、スカートの色も大きく関係するらしい。

水深によって見えやすい色が変わると。

言われるがままにカラーチェンジをして間もなく。

待望のアタリ!

鯛ラバの基本はアタリが来てもそのまま巻き続けること

しっかり針がかりするまでフッキングしてはいけない。

頭でわかっていても、体は正直。

「あっ、やべ」

景気よくフッキングを入れてしまう。

それでもなお生命感は竿先にあり、胸をなでおろす。

ドキドキしながらゆっくりゆ~っくり巻き上げる。

とても長い時間に感じる。

水面を割ったのは見慣れていても釣り慣れていないピンクのお魚!

マダイ!!

大きくはなくとも感動は一際大きい。

初めての釣りならではの喜びである。

本命の顔を拝むことができて一安心。

したのも束の間、またもやアタリが!

エソ!

かまぼこでおなじみのお魚であるが、

鋭い歯で仕掛けを切ってしまうことがある。

あまり喜ばれない魚ではあるものの、

正直、釣れたらなんでも嬉しい。

UKはこんなにビッグなウッカリカサゴを釣獲。

水圧の変化で目が飛び出て凄いことになっている。

 

その後も釣れ続けるうっかりもの。

 

ジギングでも釣れる。

めちゃくちゃ楽しい!

イージーにデカイ魚が釣れる。

正に求めていた釣りである。

魚も釣れるし天気も最高。波も穏やか。

目をつぶってうとうとしながら癒されていると、

船が猛スピードで鳥山に向かっていくではないか。

ワラサのナブラが出現!

残念ながら針にかからなかったけれど、

とてもエキサイティングな光景だった。

気を取り直して仕掛けを鯛ラバに戻す。

するとこんな珍客も登場。

ホウボウ。

カラフルな胸鰭を持つ非常に「映える」やつである。

しかも高級魚。

鯛ラバは釣れる魚が皆美味しいから嬉しい。

楽しい時間はあっという間で12時頃帰港。

終始魚の顔が見れるとても癒しの釣り「鯛ラバ」。

すっかり虜になってしまった。

次が待ち遠しい!

関連する記事
おすすめの記事