【なかなかクセモノ】アカメの飼育

夏の終わりに我が家にやって来た子アカメ。

友人と後輩君と河辺を散策しまくったのが懐かしい。

またみんなで行きたいもんだね。

飼育を始めて三ヶ月。

来た当初は水質が合わなかったせいか、

調子を崩す一方。

生息地と同じ汽水域の塩濃度にしていたけれど、

それがいけなかったらしい。

かなり淡水に近付けることでみるみる回復していった。

魚だから。

たまたまそこにいただけで、

移動中だったりするし。

また、成長に合わせて濃度を調整しようと思っている。

まぁ、なにはともあれ健やかに育っております。

頭を傾けて泳ぐところがまた面白い。


人工飼料に苦戦

人工飼料は苦労した。

オヤニラミの様にリアクションで食べることがなく、

とてもよく餌を“見る”。

20秒以上ずっと「にらめっこ」していることも。

それでも「カーニバル」の味と匂いには勝てなかったらしい。

小さくてもやっぱり“アカメ”。

捕食の仕方は大型のものと一緒。

ゆっくり近付いて一気に一飲み。

「ポコッ!」っという可愛らしい捕食音は別物だが。

もちろん目の赤さも。

今はまだ手のかかるサイズではないけれど、

将来どんな成長を遂げるか楽しみだ。

おすすめの記事