雪山登山?いえ、サンショウウオ探しです

「雪がなくなった頃にリベンジ!」とかほざいていた次の日。

ふと気が付けば沢にいた。

しかも、前回より一層厚い雪が一面広がっている

前回『真冬のサンショウウオ観察 ~極寒の沢登り~


ターゲットは流水性サンショウウオ

今回の場所は兵庫近辺。

標高もかなりのもの。

道路は雪による通行止めで、車では上流部まで上がれない。

仕方がないので沢を歩きながら上を目指すことにした。

目ぼしい石や倒木の下を確認するけれど、姿を見せない。

今回は越冬幼生(幼生のまま水中で越冬する個体)も視野に入れている。

だいぶ上流まで登ったけれど、全く気配がない。

あまりにも反応がないので、ちょっと自然観察。

水しぶきが凍ったもの。

不思議な形。綺麗。

こちらは氷柱状になっている。これまた綺麗。

水しぶきが凍るほど気温は低い。

サンショウウオはこんな状況でも活動するのだろうか。

謎である。

こんな状況でも元気に活動する自分の生態も謎である。

その後も足を進めるが....ダメ。

さらに上流部を散策しようと一度沢を上がったところで、一台のジムニーが目に入った。

四駆にものを言わせて、道なき道を進もうとしている。

「ワイルドかつクレイジーな趣味だな」と遠目に眺めていた。

あちらから見れば、こちらも似たようなものだろうか。

結局、5時間近く探しまわったけれど完全敗北に終わった。

やっぱり、まだ時期が早いんだろうな。

少なくともこの場所は。

雪がなくなった頃にまた来よう(2回目)。

コメントを残す

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう