冬の鳥取で“メバル釣り”を慣行する

冬と言えば“メバル釣り”。

極寒に手をプルプルさせながら小さなワームやプラグを投げる。

ゆっくり巻いていると「グンッ」と竿先を抑えるようなアタリと軽快な引き。

病みつきになる。

そんな大好きな釣りを中国地方に行く用事があったので、

鳥取で楽しむことにした。


鳥取にて“メバル釣り”に勤しむ

「海と言えば鳥取」という程、頻繁に言った場所。

親に連れられサビキのアジ釣りからヤエンのイカ釣りまで、

餌釣りの基本を教わった。

思い出がいっぱい詰まっている場なので、

とても感慨深い。

この日も通い慣れた漁港へ足を運ぶ。

仕事終わりということもあって時刻は深夜12頃。

柔らかい竿と細い糸、軽いワーム。

とても繊細な釣りと位置付けしている。

この日は風が強くとても釣りがし辛いが、

釣れない言い訳ができてそれはそれで良い。

一時間ほど常夜灯の下でキャストを繰り返すも、

案の定まったく釣れない。

場所を変え、仕掛けを変え、やっと釣れたのは朝4時頃。

遠投したワームを中層でゆっくりと巻いていたら、

「グンッ」とひったくる様なアタリ。

サイズは18cmぐらいだろうか。

大きいとは言えないが、

釣れてくれたことがとても嬉しい。

昔と同じように魚がいて一安心。

この場所は変わらず残ってほしい。

その後もポツポツと飽きない程度に釣れてくれる。

相変わらず上がってくるのはこのサイズ。

それは今も昔を変わらない。

釣り方だサイズだと自慢げに語る人は何人も見てきた。

けれど、どんな一匹でも同じ様に喜べる人は少ない。

“生き物を捕まえて楽しむ”

子どもの頃と変わらない純粋な心は持ち続けたいと思うし、

伝えていけたらなと思う今日この頃。

コメントを残す

関連キーワード
関連する記事