【大丈夫?】ニジマスを刺身で食べてみた

「管理釣り場のマスは刺身で食えるで」

友人からそう言われたことがある。

当時は半信半疑だったこともあり挑戦することはなかった。

だって淡水魚の刺身って怖いじゃん。寄生虫とか。

しかしながら、調べてみると確かに食べれるといった情報がちらほらとある。

そして、目の前には管釣りのニジマス。

これはやるしかないな。

そんなわけで“ニジマスの刺身”に挑戦してみた。


三枚におろして冷凍する

綺麗な虹色。

余談ではあるがニジマスの鱗は細かいので取らなくても食べられます。

気になる人は取ってもいいけどね。

今回は刺身で皮を取ってしまうからそもそも関係ない。

色は薄い薄いサーモンピンクといったところ。

身だけになったところで冷凍庫にIN!

「結局冷凍するんかい!」

チキンなので許してほしい。

完全に生は流石に怖いのです。

そして一晩経過。

カッチカチやで!

これを解凍している間に・・・・。

ニジマスのバター焼き。

安定の美味さ。

間違いなし。

イワナの塩焼き。

オーブンで焼いたら全然焼き目が付かず。

なんとなく日本酒を振ったら完全に酒蒸しと化した。

美味し。

アラ汁。

意外な伏兵。

めっちゃ美味い。

非常に良い出汁が出ていて個人的にはタイに近いように感じた。

ニジマスの刺身丼、実食!

真打登場。

見た目上一番大事な卵が割れてしまった。無念。

色は相変わらずほんのりピンク色。

むしろ肌色に近い。

気になるお味はと言うと・・・・。

「グニグニした食感のめちゃくちゃ味の薄いサーモン」

歯切れのいいグミにほんのりサーモンの香りを乗せた感じ。

味は無いに等しい。

食べるうちに香りにも慣れて完全に“卵ご飯”へと変貌した。

結論、「スーパーのサーモン、圧勝」

食感は冷凍したせいかな。

味に関しては少し小ぶりのニジマスだったのもあり、

薄かったのではないかと。

冷凍せず大型のニジマスであれば話は変わってくるだろう。

次回の課題だな。

みなさんも機会があれば挑戦してみてはいかがだろうか。

もちろん、自己責任でね!

コメントを残す

関連キーワード
関連する記事