最高にカッコイイ“カメムシ”タガメを岡山で探す

田んぼがだいぶ賑やかになってきたので、

仕事帰りにちょっと寄ってみた。

聞きなれたアマガエルの鳴き声の中に仲間はずれがいる。

可愛い音色の方に歩を進めると、

鮮やかなグリーンが視界に飛び込んできた。

『シュレーゲルアオガエル』

初めて見るカエル。

カエルに関してはまだまだ未熟者で、友人に聞いて初めて種がわかった。

見たことのない生き物との出会いは本当にうれしい。


最高にカッコイイ“カメムシ”

気を良くして散策を再開する。

ゲンゴロウ(ハイイロ、コシマ、クロ)やコオイムシ、ミズカマキリなど、

田んぼのレギュラーメンバーが続々登場する。

極めつけはこのお方。

『タガメ』

日本最大の水生昆虫かつ、日本最大の“カメムシ”。

カメムシと言えど、侮ることなかれ。

すっごくかっこいい!

ばっちりカメラ目線である。

手に乗せようと思案したけれど、

思った以上に凶暴だったので断念した。

前方と左右は本当に隙がない。

唯一、後方のガードが甘かったのでそっと掴む。

「fly high!」

しかしながら、こんなのが飛んで向かって来たら、

問答無用で叩き落とす自信がある。

好きとか嫌いとかそういった類のものじゃない。

本能的になんか怖い

しばしタガメの魅力に目を奪われていたが、

ふと視線を外すと幻想的な光がゆらゆらと飛び交っていた。

「もうこんな季節か」

一年ぶりにホタルと再会。

ヘッドライトをチカチカと点滅させ、別れの挨拶を告げる。

生き物たちが本格的な夏の到来を教えてくれたような気がした。





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事と広告