バラムツを食す

先日書いた『バラムツ釣りin駿河湾』の続き。

もとい番外編。

むしろ本編?

そう、“バラムツ”を“食べる”のである。

言わずと知れたある意味危険な食材。

人間にも屈しない油を纏った怪魚。

詳しくはないけどこちらを参照。

ハプニング多きサットウ釣り

船上で手際よく解体されるバラムツさん。

それを友人と分け分けして持ち帰る。

禍々しい肉塊がまな板を占拠する。

よく見ると細かい無数のトゲが….。

写真撮影の時も要注意。

油断すると、「ゾリッ」っと皮膚を削がれる。

この皮がとても硬いのだが、逆にひきやすい。

皮をひいたもの。

目を引くのは驚異の“こってり感”。

まな板は油でベッタベタ。

見た目はとっても美味しそう。

味もとっても美味しいのだけれど。

もし、この量を一度に食べようものなら、

間違いなくケツから油が噴出する。

とりあえず5切れ程つまむ。

いつ食べても本当に美味しい。

よく“マグロの大トロ”と比喩されるし、

自分も周囲にはそう言ってきた。

しかし、よくよく考えれば大トロをたいして食った記憶がないので、

この表現は的確ではないことに気付く。

「脂の乗りきったブリ」

自分の引き出しにあるもっとも近い味。

そして5切れずつ小分けにして冷凍庫へ。

次の日仕事がないときに食べよう。

もし油が流れ出ても人前でなければ、

心にしまって墓場まで持っていけるからね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク