バラムツ釣りin駿河湾

スポンサーリンク
スポンサーリンク



いきなりバラムツ…中止?

それはそれは楽しみにしていた和歌山のバラムツ釣り。

新年一発目の初釣り。

ウキウキしながら準備をしていた前日のこと。

「風が強くて船が出せれない….」

その言葉を電話越しに聞いて絶望したことは言うまでもない。

近所に中古ショップがないから、

こんなくそ高いジグまで買ったのに。

中古であれば500円でおつりが来る。

ただただ落胆していた自分とは対照的な友人。

「電話かけまくって出てくれるとこ探す!」

ちょっとやけくそ気味に聞こえたその言葉と行動が、

奇跡を起こす。

「行ける!静岡で!」

まじか!

……

………静岡?

350kmの大移動の決行である。

毎度毎度、友人の行動力には目を見張るものがありますな。

いざ行かん駿河湾

四人を乗せ新東名をひた走る

二年ぶりかな、この地で釣りするのは。

眼前にそびえる富士山を見て懐かしい記憶が蘇る。

ハプニング多きサットウ釣り

サービスエリアや釣具屋に寄ったりなどして、

集合時刻の18時に港へ。

今回お世話になったのは遊漁船「鶴丸」さん。

バラムツの前にちょろっとタチウオもさせてもらった。

しかし、撃沈!

まあ、自分の腕前なら納得の結果である。

そして本番のバラムツ!

タックルはジギングロッドのMHにPE4号、ナイロン130lbを使用。

今回はチャーターということもあって、

少しライトなタックルでやってみることにした。

乗合だとライトタックルは魚に主導権を握られて、

他の人とラインが絡んでしまうこともあるので要注意。

同船者が全員友人というのは気を遣わなくてよいので、

本当に楽しい釣りができる。

ジグは300g。餌はサンマを真っ二つにしたもの。

準備ができたら海へドボンっと投入。

水深は300mで魚がいる層は約120mほど。

到達したらロッドを軽くあおって誘いつつ待つ。

しばらくしてもアタリがない。

「これはもしやいつものやつか」

嫌な記憶が脳裏をよぎる。

比較的確率の高いバラムツ釣りでボウズを重ねた日々。

『釣れない=いつも通り』

なのである。

ため息が出そうになったその時、

友人のロッドが目いっぱいの弧を描いた。

何度もラインを出され、出された分をまた巻く。

格闘した末にユラ~っと水面に顔を出したのは立派なバラムツ!

待望の一匹!

ナイスファイト!

みんなが笑顔になる素晴らしい一匹。

これを口火に常にだれかの竿が曲がっている“いつも通り”とは程遠い事態に。

みんなの口からこぼれる「めっちゃ楽しい!」。

友達と一緒にたくさん釣れたらそれ以外の言葉は出てこない。

一人で八本水揚げしていたUK。

流石っすねぇ!!

自分は四本ほど。うち一匹はミニサットウ。

タックル強度を少し心配していたが、

150cmまでなら問題なくファイトできた。

“自分の身の丈を超える”

となれば、もうワンランク強いタックルで挑みたいと感じた。

釣りを終えて….。

それにしても今回は本当に楽しい釣りだった。

船長さんはもちろんのこと友人にはとても感謝である。

心地良い疲れと筋肉痛を感じ、

「もうしばらくはいいかな」

そう満足しきって帰路についたが、

友人と別れた後に「またみんなと行きたい」

とすぐに考えを改める。

祭りの後の寂しさ。楽しかった証拠。


~参考までに~

ロッド:ダイワ  ヴァデル 60MHS
リール:シマノ  バイオマスター8000HG
ライン:PE4号(270m)+ナイロンリーダー130lb
ジグ   :300g
針  :菅ムロ40号
エサ :サンマ

スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク



コメント

  1. kuwagata_hiroki より:

    こんばんわ、この寒い中の船釣り…。
    脱帽です。
    そして、良い仲間をお持ちですね。
    私は夜間の昆虫採集で他人のライトが見えたら、ライトを消して藪に隠れるような人間なので、少々羨ましいです。

    • KaZ より:

      釣れてよかったですが芯まで冷えきってしまいました。
      もともと消極的なんですが、生き物がいろんな人との出会いをくれました。
      kuwagata_hirokiさんとの出会いもブログもとい生き物のおかげですね。