ワカサギはいつ頃まで接岸するのだろうか?

琵琶湖のワカサギ、接岸が終わる時期は?

琵琶湖のワカサギ掬いは今年が初挑戦のため、

まだまだ分からないことだらけ。

特に時期、“シーズンの終わり”は不明である。

ただ、二月の中盤に差し掛かろうとしている今、

まだまだ接岸していることは事実である。

さっき見てきたので。

自分が訪れた中では最高の荒れ具合だったから、

浜は死んでいたが影響を受けない流入には相変わらず登ってきていた。

「雨+風」という条件下、

毎日のように現れる“流入おじさん”(盛大に場所取りをしているおじさま)

でさえ姿を見せていなかった。

暴風雨の日だけが、安息の時なんて….。

ちょっと同情しながら安息の時を蹂躙する自分であった。

モニタリングを続ける

最近は網を持つ機会も減り、知り合いを連れて案内することが多くなった。

“見に行くだけ”正直その方が気楽である。

和気あいあいとできる場合もあるが基本的には殺気で満ちているから

「場所取りしているところには近付かない」

「ライトで照らしすぎない」

「不用意に近付きすぎない」

「挨拶をする」(挨拶さえすれば割り込んでもよいわけではない)

釣り、採集の基本的なルールみたいなものだが、

多数の人が一か所に押し寄せるため争いもちらほら見受けられる。

釣りand採集に関してはできるだけそういうストレスと関わりたくない。

なので網を持たず観察するだけならストレスフリーであるし、

人に警戒心を抱かれないので、談笑して楽しい時間を過ごせる。

今後もこのスタイルでモニタリングしていくつもりだ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク



コメント

  1. kuwagata_hiroki より:

    こんばをわ。
    やはり、手軽で実益のあるものには
    場所取りや常連、地元ルールなど色々とありますね。
    もともと、琵琶湖にはいない魚ですし駆除してくれるだけ有難いですが。
    その手のストレスは苦手なので、近づかないようにしようかな。丁度、家族もインフルで寝込んでますし。
    余談ですが、春はホタルイカが富山で掬えるようですよ。沖でしか取れないと思っていたので以外でした。

    • KaZ より:

      こんばんは。
      私も大の苦手です。なので、そういった場所には近付かず、数は少ないですが自分ひとりしかいない場所でやってますね。移入ではありますが、水産資源とされているので難しいところです。
      ホタルイカ掬いは一度は行ってみたいのですが、遠いので重い腰が上がりません。