ヨコシマドンコの飼育、始めました

難儀して採集してきたヨコシマドンコ。

ヨコシマドンコを求めて

綺麗で愛嬌もあるということで、

何匹かお持ち帰りして飼育を始めてみた。

もちろん新しく水槽を立ちあげる。

自粛しようとしたそばから増えていく水槽。

一つが二つに、二つが三つに、気が付けば部屋の半分を水槽が占めている。

…….自粛します!

すると思います!

たぶん。


とても飼いやすい、「ヨコシマドンコ」!

さて、本題のドンコさん。

最初は思いのほか神経質で水槽内でドタバタ暴れていたけれど、

慣れるにつれてハゼらしいドッシリとした風格が出てきた。

まるで石のよう。

要するに「動かない」ってことなんだが笑

それでもたまにウキゴリのように中層でフワフワ泳いでいる姿が愛くるしい。

エサは冷凍赤虫。

まったく問題なく食欲旺盛である。

九州で採集してきたアブラボテと混泳しているが仲良くやっている。

現時点では「飼いやすく丈夫な魚」というレッテルを貼っている。

この先どんな新たな顔を見せてくれるのか楽しみだ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク



コメント

  1. kuwagata_hiroki より:

    おはようございます。
    自粛……。
    無理だと思います。

    • KaZ より:

      こんばんは。頑張ってはいるんですが….。「飼育している魚が産卵→食べられないよう新しい水槽で飼う」このパターンでどんどん増えていきます。