春のオヤニラミ釣り

『春』

タナゴ釣りの季節。

久しぶりに浮きが沈む姿を見たくなった。

くちゃくちゃになった仕掛けを作り直して、

ウキウキしながら釣り場へと向かう。

到着するなり目に映った光景はカフェオレカラーの川。

ここ最近、雨が降った記憶はない。

ということはあれだ。

“田んぼの季節”というやつだ。

なんとも由々しき事態である

濁っていても釣れるかもしれない。

釣れるかもしれないけれど、視覚でも楽しみたい自分にとってはヨロシクない。

小魚が泳ぎ回るのを眺めつつ釣りがしたかったわけです。

「どうしたもんかな~」と、呆然としていたけれど、

近場でオヤニラミが釣れることを思いだした。

ただ、そこは“出る”のであまり気が進まない。

取り憑かれようものなら一時間は放してくれないのでね。

オヤニラミ時々おばあさん

しかしながら、時間的にもそこしか行けそうにないので向かうことにした。


おばばポイント到着!

ポイントに着くなり糸を垂らす。

すると、どこからともなく寄ってくるオヤニラミ。

近くで餌を確認するなりパクッと一口。

なんとも可愛らしいサイズ。

こちらはなかなかカッコイイ体格をした一匹。

鰭が赤く染まった綺麗な子も。

赤と青のコントラストが良い。とても良い。

“ヨツメ”とも呼ばれる所以、鰓の目玉模様も魅力の一つ。

サイズも望めないし引きが強いわけではないこの釣り。

ただひたすらに“癒される”。

そんな釣り。

この釣りのゲスト。というか常連客。

問答無用で餌を強奪していく。しかも集団で。

餌無しのジグヘッドだけで少しおちょくると、

愛想尽かしてどこかへ行ってしまった。

これもまた楽しい。

なんかとても心が満たされたので帰路に就く。

まさかのニアミス

車に乗ったところで5m程先に目をやると、あのお方の姿が目に入った。

おばば再臨

幸運なことに気付かれなかったようで事なきを得た。

また時間がある時に、ね。

コメントを残す

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう